【ガイアの水135】ってなあに?

天然テラヘルツ鉱石×浄水器=【ガイアの水135】

[ビビアン]の浄水器シリーズがほかとは一線を画している理由の一つは、内部に天然の「テラヘルツ鉱石」を搭載していること。
「馬門石」「玄武岩」「キミオライト」という3種類の天然テラヘルツ鉱石を最適の配合比率で浄水器の部品へ加工し、そこに自然界の浄化システムを参考に、植物由来の素材(マコモ)を追加しました。
そうしてできた「ガイアの水135の浄水器」から吐出される水が【ガイアの水135】です。
※鉱物(石)のなかでも、特に強いテラヘルツ波を放っているものを「テラヘルツ鉱石」と呼びます。

テラヘルツ鉱石とは?

テラヘルツ光とは、光と電波の中間に位置しています。
周波数が10の12乗(1兆=テラ)Hzであることから、テラヘルツ光という名前で呼ばれています。これは、1秒間になんと1兆回振動しているということです。
この利用範囲は、材料分野・環境計測分野・バイオテクノロジー分野・医療分野と幅広く活用できるものです。またこの領域は様々な分野で研究・開発が行われています。
このテラヘルツ光を放出するのがテラヘルツ鉱石です。

「テラヘルツ」とは?

「テラヘルツ」というのは、“電波の周波数の高さ”、わかりやすく言えば“電波の振動の回数”を表す言葉の一種で、携帯電話などに使われている電波の約1000倍の振動数を指しています。“電波”でありながら、“光”としての性質も備えているため、太陽光発電システムの効率向上やバッテリーの劣化防止など幅広い場面で活用され、今後もさらに用途が広がることが期待されています。
そしてテラヘルツ波は水に吸収されやすく、テラヘルツ波を吸収した水は“テラヘルツ波を再放出する”という性質があります。
そんなテラヘルツ波が持つ純粋なエネルギーによる数々の効果を踏まえ、浄水器の部品として最良の形へと加工したテラヘルツ鉱石を使用したのがビビアンの浄水器です。

「ガイアの水135」の特徴

  • 細胞の元気が全身の元気

人は年とともに細胞内の水が減少するといわれています。
ガイアの水135で水の分子をイオン化、量子化することにより、細胞内にエネルギーの多い水を取り込むことが出来ます。

  • 浄化力のある水

ガイアの水135を通した水に少量の油を入れてかくはんすると、白濁したままの状態が続きます。
これはエマルジョン作用、すなわち脂溶性のものを取り込む働きがある可能性を示しています。
このことにより、体内の脂溶性の有害物質を取り込んで体外に排泄することが期待できます。