お水のお話のヘッダーイメージ

現代の水道事情

かつて環境汚染の心配がないころの日本では、世界で一番、美味しくて安全な水を供給できる国でした。
しかし現在の日本では、農薬や産業廃棄物・生活廃水といったさまざまな汚染源が増え、自然の浄化作用だけでは間に合わなくなってしまいました。

水道水ができるまで

現代の水道事情-ガイアの水135 生体活性水の有限会社ビビアン(Viviann)/現代の水道事情のイメージ

年々工場や農薬の使用等で濃度の高い有機物質が排出され、家庭からは塩素系の洗剤や生ゴミの排出されて 河川や海、地下水は汚染され、浄水場ではそれを取り除くために塩素が使用されています。年々水質汚染が酷くなるにつれ塩素の投入量は増える状況にあります。

現代の水道事情-ガイアの水135 生体活性水の有限会社ビビアン(Viviann)/現代の水道事情のイメージ

塩素の危険性

水道水には多くの残留塩素が含まれています。残留塩素とは、水道水の安全のために水道水中に投入された塩素が水道水に残留したものですが、水道法(水道法施行規則)によって、 安全性確保のために蛇口から出る水道水には、必ず一定の残留塩素があるように定められています。

塩素は水と反応して次亜塩素酸を発生させ、続いて塩酸(HCI)と発生期の酸素(O)に分解します。この発生期の酸素は他の物質に対して強い酸化作用を及ぼし、殺菌あるいは漂白等の有益な作用を示すと同時に、細胞を破壊し人体に悪影響を及ぼします。

塩素に触れたり、吸ったりした場合この発生期の酸素は皮膚や喉の粘膜から水分を奪います。

例えば、塩素のきついプールで泳ぐと、髪の毛や皮膚がかさかさしドライスキンになりますし、小じわの原因にもなります。ですから、アトピーにとっても塩素は大敵なのです。

塩素はまた呼吸器の粘膜を傷つけ、喘息等の呼吸器疾患をさらに悪化させることになります。

その他、塩素は血管障害を引き起こし、心臓病や脳卒中の原因にもなると言われていますし、アレルギー疾患との関連も取りざたされています。

さらに塩素は水道水中に存在する有機物と反応し、発ガン性物質であるトリハロメタン生成することもわかっています。トリハロメタンは塩素の量に比例して生成することから、日本は諸外国に比べ必然的に高い濃度となります。
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ
 
編集モード
MENU